無料ブログはココログ

« 異性交際の研究 | トップページ | 不遇の作家、田畑修一郎 »

2013年3月 8日 (金)

泊園書院と藤沢東畡

Img_0026
 大阪市南区竹屋町(現中央区島之内1丁目)にあった泊園書院

    幕末から明治大正にかけて大坂の漢学教育に大きな足跡を残した私塾の一つに泊園(1825-1948)という書院がある。創設者の藤沢東畡(1794-1864)は、寛政6年、讃岐国香川郡安原村に生まれる。文政7年、大阪に出て漢学塾「泊園書院」を設立。書院は幕末には大阪で最大規模の私塾として栄えた。長男の藤沢南岳(1842-1920)は、父と谷南明に学ぶ。明治6年に泊園書院を再興する。通天閣の命名は南岳によるものである。南岳は明治5年の学制に示された実用実利主義的教育理念に対する反発があった。

    その後、泊園書院は藤沢黄鵠、藤沢黄坡(1876-1948)と三世四代相継がれた。此処より輩出した人物には、岡本監輔(1839-1904)、岸田吟香(1833-1905)、市村水香(1841-1899)らがいる。藤沢黄坡(藤沢章次郎)の死後、その蔵書は義弟の石浜純太郎(1888-1968)の紹介により遺族から関西大学へ寄贈され、泊園文庫として所蔵されている。内容は漢籍を中心とするが、江戸官学に対する近世浪速文化の精神文化遺産といえる。また一族から昭和の流行作家、藤沢桓夫(1904-1989)や石浜恒夫(1923-2004)がでている。

参考:陶徳民「時流に乗らないという泊園精神」関西大学 東アジア文化交渉研究別冊2 2008年

« 異性交際の研究 | トップページ | 不遇の作家、田畑修一郎 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 異性交際の研究 | トップページ | 不遇の作家、田畑修一郎 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31