無料ブログはココログ

« 泊園書院と藤沢東畡 | トップページ | 銀の匙 »

2013年3月 8日 (金)

不遇の作家、田畑修一郎

Img_0016     島根県益田市出身の作家。代表作は1932年7月に同人誌「雄鶏」に発表した「鳥羽家の子供」で、第7回芥川賞候補にもなった。この作品は自伝的な内容で、主人公の軍治は作者自身だと推定される。病身な母の急逝、母の死後面倒を見ていた姉や兄たちと、後妻に入って来た父の妾(義母)との軋轢、姉の結婚、父の自殺と家の崩壊、兄弟の離散、そして養母の家にひきとられた軍治の心理の屈折などが、客観的に造型されている。1943年7月、東北地方旅行中盛岡で病死。享年39歳。

« 泊園書院と藤沢東畡 | トップページ | 銀の匙 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

田端修一郎・・・力があっても無名で終わった作家は数多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泊園書院と藤沢東畡 | トップページ | 銀の匙 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30