無料ブログはココログ

« ドームふじ基地 | トップページ | 危険信号 »

2013年2月 4日 (月)

猟色家宰相

Photo    明治高官夫人には芸妓出身が多い。幾松(木戸孝允)、お鯉(桂太郎)、そして梅子(伊藤博文)。しかし伊藤には妻がいた。最初の妻は松下村塾で同窓の入江九一の妹おすみ。ところが、下関の料亭「綿甚」で梅子(画像)を見初めると、おすみを離縁してしまった。しかし、梅子と結婚したあとの伊藤は妾をもつだけでは満足せず、毎年団扇をとりかえるように女をとりかえた。しかも十代の若い娘ばかりをえらんだ。伊藤についたあだ名は「箒」という。女が掃いて捨てる程いるためという。

Img_0016
 ビゴーの諷刺画

« ドームふじ基地 | トップページ | 危険信号 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドームふじ基地 | トップページ | 危険信号 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31