無料ブログはココログ

« 夢のツーショット | トップページ | 沖田総司と4人の女 »

2013年2月11日 (月)

黒川郡大衡村(おおひらむら)

20120703223203    宮城県下唯一の村である。村内に駅はない。仙台市地下鉄泉中央駅で下車し、バスで吉岡行きに乗車し、吉岡で大衡村役場行きに乗り換える。ただし吉岡ー大衡のバスは本数が少なく、タクシーに乗るしかないかも。

 村内には黒川宗氏が1544年に築いた大衡城跡がある。豊臣秀吉の奥州仕置によって廃城となった。大衡の近代史は1890年、亜炭採掘に始まり、最盛期は出炭量2万627tを記録したが、1950年を境に急激に衰退した。この間、1940年頃から耕地の鉱害被害が拡大し、閉山後は国・県による土壌改造や鉱害復旧工事が行われた。西部の王城寺原演習場は日清・日露戦争後に大幅に拡張され、第二次大戦後は米軍演習場となった。1953年、一部返還され、王城寺原開拓が開始された。残る地域は自衛隊演習場となっている。2011年、東日本大震災により多大な被害を受ける。2012年、トヨタ自動車東日本工場が発足した。

« 夢のツーショット | トップページ | 沖田総司と4人の女 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢のツーショット | トップページ | 沖田総司と4人の女 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30