無料ブログはココログ

« 近代文学史を彩る女たち | トップページ | ヒロポン »

2013年2月16日 (土)

梅にウグイス、柳にツバメ

Img_0021   「梅に鶯」は南画が好んだ画題である。この絵は立原杏所(1786-1840)の「三清之図」(1825年)で、のびやかに枝を張った紅梅に鶯が止まっている。実際は梅の蜜を吸いにくるのはメジロであり、藪の中で虫を食べる鶯はそのような姿で見かけることはまずない。「梅に鶯」は取り合わせのよい2つのもののたとえで小唄や端唄などの慣用句である。白雪に白梅、松に鶴、竹に雀、紅葉に鹿、むかしの人は風流だった。

« 近代文学史を彩る女たち | トップページ | ヒロポン »

今日の名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅にウグイス、柳にツバメ:

« 近代文学史を彩る女たち | トップページ | ヒロポン »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31