無料ブログはココログ

« 坂本繁二郎 | トップページ | 合格クッキー »

2013年2月26日 (火)

かつてサハラ砂漠を越えてラクダ隊商のルートの一つとしてボルヌ王国が栄えた

Photo_3
ボルヌ王の謁見の様子。帷のかげで、姿をみせない。19世紀の旅行家のかいたもの

    ボルヌ国の起源はよくわからない。ある歴史家は9世紀ころ出現したのではないかと推定している。はじめ首都はカネム地方のエンジミにおかれていた。11世紀の終わりころ、フメという王のときに、イスラム教に改宗したといわれる。12世紀の末に、古王朝が打倒され。カネム地方出身のイスラム教の王朝がこれに取って替わった。(1376年)1396年には、ボルヌ帝国は、北方のフェザン地方やカノ王国までも支配下に収め、フェザン地方を通じて、地中海沿岸との交易にも従事し、サハラ縦断貿易の新しい内陸の拠点として西スーダンの先輩たちを脅かした。イドリス2世(1570-1610)のとき最盛期を迎え、1893年に亡ぶ。あわせてカネム・ボルヌ帝国と呼ぶこともある。14世紀の旅行家イブン・バトゥータは「この君主は、公衆のまえに絶対に姿を見せない。帷のかげからでなければ、誰とも話をしない」と記している。

« 坂本繁二郎 | トップページ | 合格クッキー »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂本繁二郎 | トップページ | 合格クッキー »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30