無料ブログはココログ

« 恐竜は白亜紀後期に絶滅した | トップページ | 口パク芸40年 »

2013年2月15日 (金)

これだけの本をいつ読めますか?

Photo

0605bm02

    「あなたの愛読書は何ですか?」とか、「あなたの好きな映画は何ですか?」などという質問された場合、私はいつも困惑します。そしていつも作品が変わります。たいていは直近に読んだ本や観た映画です。そうして世界文学全集を眺めてみても、ほんとうに読んでよかったというものはなかなかありません。デュマの「椿姫」くらいでしょう。

Guerard_albert_300_404_2   「世界文学は大学院においてではなく、子供部屋においてはじまる」とスタンフォード大学教授アルベール・ゲラール(1914-2000)は言っています。「ガリヴァー旅行記」や「宝島」こそが世界文学の名にふさわしのかもしれません。むかし図書館の利用者で、読書好きのお婆さんがいて、きまって大きな活字の児童書の物語を借りてかえました。もちろんお孫さんのためではなくて、本人が読むのです。「大人の小説よりも児童書のほうが楽しいから」と照れていっていましたが、ほんとうに読書の愉しみを知っている人でした。世界文学のすぐれたものは一見近寄り難いものもありますが、普通の人間にも拒まれていないものがたくさんある。ポピュラーな面をそなえているから、何百年と読み継がれているのでしょう。(Albert Joseph Guerard)

« 恐竜は白亜紀後期に絶滅した | トップページ | 口パク芸40年 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐竜は白亜紀後期に絶滅した | トップページ | 口パク芸40年 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30