無料ブログはココログ

« ヒロポン | トップページ | 峨眉山と三峡 »

2013年2月16日 (土)

山本八重と鉄砲

Y014_2
 ゲベール銃(上) スペンサー銃(下)

   幕末に最も多く輸入された鉄砲は前装滑膣式雷管ゲベール銃であった。安政年間、この銃の製作法を図示した「銃工便覧」が刊行されている。全国の鍛冶たちは同書をテキストに、またゲベール銃の現物を見本にして模倣に挑戦した。強力な鉄製バネの細工に苦労したものの、ついに雷管ゲベール銃の模倣に成功した。NHK大河ドラマ「八重の桜」は第6回は、松平容保が京都守護職に任命された文久2年(1862 年)ことで、八重は前装単発のゲベール銃で訓練している。

   山本八重は明治42年の回想で、山本覚馬が長崎から八重に送ったスペンサー銃で会津若松篭城戦を戦ったと語っている(「婦人世界」1909年11月3日号)ところが昭和元年、八重が平石弁蔵に宛てた手紙に「8月23日の夜襲に出るとき高木盛之輔の姉に髪を切ってもらい、両刀をおびゲベール銃で出て大いに打った」とある。いったい八重が会津若松篭城戦で使用した銃はスペンサー銃であろうか、ゲベール銃であろうか。スペンサー銃は1860年アメリカで発明された世界最初の後装式(元込め)連発銃で、軽量である。ゲベール銃は18世紀に活躍したもので、前装で単発であるため旧式である。おそらく八重は実践でスペンサー銃を使用したものの弾丸が切れて、弾丸の製造が可能だったゲベール銃に代えて奮戦したのではないだろうか。

« ヒロポン | トップページ | 峨眉山と三峡 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒロポン | トップページ | 峨眉山と三峡 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30