無料ブログはココログ

« 謝罪と頭重の文化 | トップページ | スコット結線 »

2013年2月 9日 (土)

ラドガ湖とオネガ湖

Photo_3     ヨーロッパの湖沼といえば、スイスとフランスにまたがるレマン湖(580k㎡)が有名。紀元前58年にこの地域でヘルウェティイ族と戦争したカエサルが「ガリア戦記」に「レマンヌス」Lacus Lemannusと呼んでいる。

    ヨーロッパ最大の湖はロシア北西部サンクトぺテルブルク付近にあるラドガ湖(面積16400k㎡)。2番目はオネガ湖(9894k㎡)。続いてスウェーデンのヴェーネルン湖(5655k㎡)、フィンランドのサイマー湖(4400k㎡)、エストニアのペイプシ湖(3500k㎡)である。(Ladogasee,Onegasee,Vanern,Saimaa,Peipsi)

« 謝罪と頭重の文化 | トップページ | スコット結線 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

世界の湖の訪問の旅・・できるならしてみたい。
私は北海道の支笏湖の近くですので、太平洋と湖の風光がないと自然を満喫した気になりません。
一首献上。

水清き支笏のうみの安らぎに一
ひと日をすごす満足として

                   石塚邦男

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謝罪と頭重の文化 | トップページ | スコット結線 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30