無料ブログはココログ

« 蝦夷地と松浦武四郎 | トップページ | 田舎館村 »

2013年2月10日 (日)

近代日本人の表情

Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5
左上から名和靖(昆虫学)、牧野英一(刑法学)、佐藤三吉(外科医学)、青山胤通(臨床医学)

    昔の男子は人前で喜怒哀楽の表情をあらわすことを無作法と教えられていたらしく、写真撮影の際には一様に堅い表情をしている。つまり明治人の笑った顔をみたことがない。なんとか笑った顔、せめて微笑んだ表情をしている偉人はいないかと数年前から探していた。

Manga    岐阜県の偉人を調べていたら、ともて有名な歴史家がいる。津田左右吉(1873-1917)。市内には津田左右吉博士記念館もあり、毎年、小学生が津田博士をテーマに作文を書いている。そこのキャラクターも笑っている博士のイラストである。写真を見ると、津田博士はいつもニンマリとした表情をされるようである。あの激しい気性は内に秘めるタイプなのであろうか。

Tk0401 Cbc6883cb3c1e1237bafa2cdc10fc911

« 蝦夷地と松浦武四郎 | トップページ | 田舎館村 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

刑法学で有名な牧野先生の講義、中央大学で拝聴したことあります。

牧野先生を慕って中央の法科に入ってきた学生もいましたね。分かりやすい普通の言葉でゆったりした講義でした。懐かしいことです・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蝦夷地と松浦武四郎 | トップページ | 田舎館村 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30