無料ブログはココログ

« ご当地ナンバープレート | トップページ | 東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ »

2013年2月 6日 (水)

グロリア・スタイネム

Photo    今日セクシャル・ハラスメント(性的いやがらせ)という言葉がよく聞かれる。日本で最初に使われたのは1986年1月に起きた西船橋駅ホーム転落事件で、被告の女性を支援する団体(河本和子)がセクシャル・ハラスメントという概念を用いている。翌年には法律専門誌で紹介記事がある。(「セクシャルハラスメントと女性に対する性暴力」 富永由起子 自由と正義 38(12) 1987年11月)

    セクシャル・ハラスメントはアメリカ女性誌「ミズ」の編集主幹グロリア・スタイネムの造語とされる。グロリアは高級クラブ「プレイボーイクラブ」に潜入、ホステスに取材し、「プレイボーイ・クラブ潜入記」(1985)を出版、女性の性の商品化を糾弾する。(Gloria Steinem,sexual harassment)

« ご当地ナンバープレート | トップページ | 東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご当地ナンバープレート | トップページ | 東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30