無料ブログはココログ

« 山本八重と鉄砲 | トップページ | 赤と白が多く使われている国旗 »

2013年2月17日 (日)

峨眉山と三峡

8715     峨眉山は、嘉州(四川省嘉定)の西方にある山で、その美しさは天下随一と讃えられている。初めその形が蛾眉(蚕のまゆ)に似ているために蛾眉と書いたが、のちに二つの山が向き合っているその姿が美女の眉を連想させるというので峨眉と書くようになった。

    峨眉山は様々な樹木が生い茂る険しい山で、古くから「高きこと五岳を出で、秀なること九州の甲たり。天下第一の山なり」と誉め称えられた。五岳とは泰山、崋山、衝山、恒山、嵩山の中国五大名山を指し、九州とはすなわち中国全土のことである。

   李白が故郷を出て三峡に遊んだときの詩「峨眉山月歌」が知られる。

  峨眉山月半輪の秋

  影は平羌江水に入りて流る

  夜清渓を発して三峡に向ふ

  君を思へども見えず渝州に下る

   三峡とは、四川省奉節県より湖北省宜昌までの間に峡をなす所が三箇所あり、これをいう。巫峡・西陵峡・帰峡の三つともいい、また、巫山峡・明月峡・広沢峡の三つともいう。

« 山本八重と鉄砲 | トップページ | 赤と白が多く使われている国旗 »

「漢詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山本八重と鉄砲 | トップページ | 赤と白が多く使われている国旗 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30