無料ブログはココログ

« アンニョン・クレヨン来演「パパカレーのうた」 | トップページ | ぽっちゃりな女優さん »

2013年2月27日 (水)

レーウェンフックと顕微鏡

Leeuwenhoek_2   顕微鏡の発明は諸説あるが、1590年サハリアス・ヤンセンが父親のハンス・ヤンセンとともに顕微鏡の原型を発明したといわれる。アントニ・ファン・レーウェンフック(画像1632 -1723)はアムステルダムで織物商になったが、やがてデルフトに帰り、顕微鏡製作に熱中し、はじめて微生物の世界を見た人として知られる。1675年汚水、糞便中に微生物を発見、また、イヌの精虫、酵母菌、単子葉植物、双子葉植物、ノミ、アリなどの多くの小動物を調べた。そして1677年、人間の精子を発見した。「人の精液中には小さな動物がいて尻毛を振って泳いでおり、その大きさは砂1粒ぐらいで、1000個におよぶ」とイギリス王立協会の会報Philosophical Transactionsに報告している。大きさ、個数については正確ではないが、それは仕方ない。実際は、精液1cc中に、6000万から1億の精子が含まれている。レーウェンフックは精子を発見したものの、受精のメカニズムを解明するには至らなかった。彼は90歳まで長生きしたが、画家フェルメールの遺産管財人にまでなっている。(Sacharias Janssen,Antoni van Leeuwenhoek)

« アンニョン・クレヨン来演「パパカレーのうた」 | トップページ | ぽっちゃりな女優さん »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンニョン・クレヨン来演「パパカレーのうた」 | トップページ | ぽっちゃりな女優さん »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31