無料ブログはココログ

« ふたつのラプ・ラプ | トップページ | ベルニーニの「ダビデ像」 »

2013年2月15日 (金)

結婚と離婚で揺れる30代カップルの物語

   ドラマ「最高の離婚」が面白い。結婚して2年の濱崎光生は、妻の結夏と絶えず口論ばかり。几帳面な光夫と大雑把な結夏は性格が正反対。アロマテラピストの上原灯里とモテモテの亭主・諒も別れ話が噴出。実はまだ婚姻届が出されていない。とくに瑛太の演技が秀逸。もしかしてアスペルガー症候群なのではないかと思わせる。知識が豊富で真面目だが融通がきかない。会話はいつもドッジボールのようで、神経質で口うるさい。アスペルガー的な亭主とガラッパチの妻、オノマチは「カーネーション」の続編のような感じで期待を裏切らない。小松帯刀とお龍、「カーネーション」とNHKでスターになった旬の俳優の弾けた演技が楽しい。

« ふたつのラプ・ラプ | トップページ | ベルニーニの「ダビデ像」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ケッペル先生、幅が広いですね。
テレビドラマみるのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふたつのラプ・ラプ | トップページ | ベルニーニの「ダビデ像」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31