無料ブログはココログ

« 鉱物・元素・宝石のいろいろ | トップページ | オタマジャクシが降ってきた!? »

2013年1月10日 (木)

織田作之助

Photo_2    織田作之助は、太宰治、坂口安吾とともに、戦後三無頼作家の一人にかぞえられている。志賀直哉などの私小説への反抗から「二流文学論」「可能性の文学」などの評論により、 リアリズムを否定し、虚構をリアライズすることこそ、これからの文学の新面目があると説いた、その矢先の死である。昭和22年1月10日、享年34歳。処女作「雨」から勘定すると、8年ばかりの創作活動である。しかも、彼の愛した大阪においてでなく、上京中の銀座裏のバラック建ての佐々木旅館という客舎で仆れ、芝の東京病院で息を引き取っている。彼はすでに結核の末期的症状に侵されていたが、ハシゴ酒の末、深夜に帰宅すると、まもなく大喀血となり、ついに東京病院に運びこまれ死去した。

« 鉱物・元素・宝石のいろいろ | トップページ | オタマジャクシが降ってきた!? »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉱物・元素・宝石のいろいろ | トップページ | オタマジャクシが降ってきた!? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31