無料ブログはココログ

« カメとワシ | トップページ | トレヴィの泉 »

2013年1月29日 (火)

晩年のシスレー

Photo_6

  1899年のこの日、アルフレッド・シスレーはモレ・シュル・ロワンにて癌で死去した。印象派の巨匠たちの中でシスレーの作品は定型化した風景画が多く、たしかに存在感が薄い。ポスト印象派の画家たちゴッホ、ゴーギャン、スーラ、そしてセザンヌらの4人が20世紀の絵画の先駆となった。しかし近年、美術史家のリチャード・ショーンは「ポスト印象主義の画家たち」の中でシスレーに注目している。シスレーも1890年代に入るとモレ・シュル・ロワンの町の教会をモチーフにして、セザンヌを思わせる構築的な画面作りをはじめている。1893年になって空や雲はなくなり、教会そのものが主題となっている。晩年シスレーが過ごしたモレはパリ近郊のロワン川沿いの静かな町である。(Alfed Sisley)

« カメとワシ | トップページ | トレヴィの泉 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カメとワシ | トップページ | トレヴィの泉 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30