無料ブログはココログ

« 英語で「両生類・爬虫類」いろいろ | トップページ | 名前はよく聞くけど…顔が浮かばない人 »

2013年1月26日 (土)

文豪と温泉

Photo_2     むかしの作家は静かな山あいの温泉に1ヵ月以上も逗留して作品を書くというのが通例であった。最近では小説・映画の舞台を巡る旅がブームで、町おこしの目的で記念館もつくられている。作家と温泉を語るとき筆頭は、やはり「金色夜叉」尾崎紅葉と熱海温泉だろう。しかし熱海は交通の便が良く、鄙びた温泉ではない。志賀直哉の「城崎温泉」などは静かな旅館が、すっかり変貌してしまった。夏目漱石「坊っちゃん」の道後温泉、川端康成「雪国」の越後湯沢温泉や徳富蘆花「不如帰」の伊香保温泉、国木田独歩「湯河原ゆき」の湯河原温泉などデラックスなホテルが立ち並ぶ。「湯河原の渓谷に向かった時は、さなから雲深く分け入る思いがあった」と独歩は記している。独歩のように実名を記してくる作家は地元にとって有難い。藤原審爾などは奥津温泉を「秋津温泉」とわざわざ架空名にしているのは、悔やまれる。

« 英語で「両生類・爬虫類」いろいろ | トップページ | 名前はよく聞くけど…顔が浮かばない人 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

昔の文豪は静かな場所で書き物する人が目立ったみたいですが、今の時代は多忙なので、どんな場所でもパソコン開いて打ち込む作業が当たり前・・

これではじっくりした作品生まれないわけだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語で「両生類・爬虫類」いろいろ | トップページ | 名前はよく聞くけど…顔が浮かばない人 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31