無料ブログはココログ

« ウサギとカメレオン | トップページ | グリルパルツァー »

2013年1月14日 (月)

西郷どんとキャサリン妃

Dms1301121439008n1    英国キャサリン妃の肖像画が公開されたが、「老けてみえる」「表情が険しい」「活き活きしていない」などの批判が噴出している。絵は画家ポール・エムズリーが数ヶ月かけて制作したもの。写真ではないかと見間違えるほど写実的なのだが、どうも本人と印象が違う。本物のキャサリン妃はもっとチャーミングな女性である。ある評論家は「長年、いろいろな肖像画を見てきたが、もつとも退屈でありふれた出来のひとつ。街の写真屋の窓に飾られてある写真みたいである」と散々な評判である。肖像画は難しい。

Takamori_saigo   眉毛が太くギョロッとした目で知られる西郷隆盛。実は西郷隆盛は大の写真嫌いで生前一枚も写真を残していない。イタリアの版画家エドアルド・キヨッソーネが明治政府の依頼で制作した西郷隆盛の肖像画は、西郷の親戚の写真を参考にしたもの。キヨッソーネは西郷本人と一度も面識がなかったので、似ているとは思えない。西郷本人を知る関係者の話でも「まったく似ていない」「なんとなく似ているが、どうも印象が違う」という微妙な出来栄えらしい。だが今日ではほとんどの日本人が西郷どんといえばキヨッソーネの西郷の肖像画をイメージするから面白いものである。

« ウサギとカメレオン | トップページ | グリルパルツァー »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウサギとカメレオン | トップページ | グリルパルツァー »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31