無料ブログはココログ

« 色好み義経 | トップページ | オレキエッテ »

2012年12月 4日 (火)

長脇差忠臣蔵

Nagadosu01   日本映画界では、忠臣蔵を作れば必ず当たるといわれる。毎年師走になると「ああ、また忠臣蔵か」と言いつつ見てしまう。そんな中で大映「長脇差忠臣蔵」は珍しいパロディ忠臣蔵。時代は幕末。遠州掛川の親分次郎吉(宇津井健)が対立するヤクザの藤兵衛(上田吉次郎)と老中本多備前守(名和宏)に言いがかりをつけられ処刑される。代貸の喜三郎(市川雷蔵)が子分たちと親分の仇討ちをするというストーリー。雷蔵が尼になった姐さん(月丘夢路)に別れを告げる南部坂の別れや、垣見吾郎兵衛に勝新太郎を配したり、サービス満点の演出である。新東宝から移籍した天知茂は清水一学でニヒルさが際立つ。宇津井健、藤村志保以外はほとんど故人になっている。また雷蔵は早世したため大石内蔵助を演じることがなかったのが、改めて惜しまれる。

« 色好み義経 | トップページ | オレキエッテ »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 色好み義経 | トップページ | オレキエッテ »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31