無料ブログはココログ

« 2度目のブレイクは10年後に | トップページ | 東西南北の瓜、あれこれ »

2012年12月 2日 (日)

昭和の女流作家

118067828942216411525 Img_0002
    矢田津世子         由起しげ子

    戦前・戦後に活躍した女流作家も最近は書店の書棚にもなく、文庫本化されることもない。かつて公共図書館に所蔵されていたが、書庫スペースの関係で廃棄された本も多い。青空文庫で読めるのだろうか。由起しげ子は1902年のこの日、生れた。

再会 堤千代(1917-1955)  昭和16年

花蔭 矢田津世子(1907-1944)  昭和14年

雨だれの記 野澤富美子(1921-   )  昭和17年

女の歴史 保高みさ子(1914-2010)   昭和25年

警視総監の笑ひ、本の話 由起しげ子 昭和26年

コクリコ夫人 由起しげ子(1900-1969)  昭和27年

「雨だれの記」「再会」は国立国会図書館で検索したがヒットせず

« 2度目のブレイクは10年後に | トップページ | 東西南北の瓜、あれこれ »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2度目のブレイクは10年後に | トップページ | 東西南北の瓜、あれこれ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30