無料ブログはココログ

« 美術展覧会2012年 | トップページ | 退く人々 »

2012年12月27日 (木)

2枚の「フルート吹き」

   17世紀オランダの画家ヘンドリック・テル・ブルッヘン(1588-1629)の名前を知っているだろうか。デベルテルに生まれ、ユトレヒトで絵画をアブラハム・ブルマートに学んだ。1604年から10年間ローマにあってカラヴァッジオの芸術から感化を受け帰国後、ユトレヒトで「フルート吹き」(1621)「クラウディウス皇帝」(1627)を描いている。41歳と早世だったが、彼の画風はレンブラントやフランス・ハルス、フェルメールの絵画の中に見つけ出せる。ルーベンスは彼をネーデルランドのすぐれた画家と批評している。

   「グランド現代百科事典21」ではカッセル美術館所蔵の「フルート吹き」(Boy Playing a Recorder)の図版を掲げている。ところがウィキペディアでは異なる「フルート奏者」(Flute Player)という作品が掲げられている。2枚とも制作年は1621年。画風は大きく異なっている。一枚は胸をはだけたワイルドで貧しそうな男、もう一枚はきちんとした身なりの後ろを向いて顔がみえない青年。(Hedrick ter Brugghen,Abraham・Bloeaert,Kassel)

6295079196_0785948199_z Brugghen_kassel_fife_player_1621

« 美術展覧会2012年 | トップページ | 退く人々 »

今日の名画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美術展覧会2012年 | トップページ | 退く人々 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31