無料ブログはココログ

« 近代ヒンドゥー教の改革者ダヤーナンダ・サラスバティー | トップページ | 眉輪王、東漢駒、義経 »

2012年12月13日 (木)

ヒンドゥー教の神々

1_2   世界の主な宗教とは何ですか?キリスト教、ユダヤ教、イスラーム教、仏教、神道などですか。だがヒンドゥー教徒は実に世界中に約9億人がいて、人口の上では14.3%を占め、世界第3番目の宗教である。ヒンドゥー教はヴェーダの宗教と民間信仰が混在して形成され、神々もそれぞれ多面性をもち、そのどれを崇拝するかで現実的なご利益もさまざまである。最高原理ブラフマンを神格化したブラフマーと繁栄の神ヴィシュヌ、破戒神シヴァを合わせた3神をヒンドゥー教の三大神とよぶ。このほかブラフマーの配偶者サラスヴァテー、シヴァ神の子供のガネーシャ、ヴィシュヌの化身クリシュナ、ハヌマーン、インドラ、マハーディーヴィーなども単独で崇拝される。(Brahma,Vishnu,Siva,Sarasvati,gaNeza,Hanuman,Indra,Mahadevi  )

« 近代ヒンドゥー教の改革者ダヤーナンダ・サラスバティー | トップページ | 眉輪王、東漢駒、義経 »

「宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近代ヒンドゥー教の改革者ダヤーナンダ・サラスバティー | トップページ | 眉輪王、東漢駒、義経 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31