無料ブログはココログ

« 安全剃刀の日 | トップページ | やさしい英文法「名詞」 »

2012年12月 2日 (日)

ロード・ムービー

Falsche_bewegung_screenshot    いずこかへの旅の途中で起こるさまざまな出来事が、物語の展開となっている。1960年代から1970年代、ニューシネマでさかんに作られた。フェデリコ・フェリーニの「道」(1954)が元祖ロード・ムービーかもしれない。日本でも弥次喜多珍道中など古くからある。山田洋次の「幸福の黄色いハンカチ」、日活の「憎いあンちくしょう」が代表作。韓国映画では「アドリブ・ナイト」。アメリカでは「イージー・ライダー」「真夜中のカーボーイ」「バニシング・ポイント」「スケアクロウ」「ペーパームーン」「ファンダンゴ」「スタンド・バイ・ミー」と多い。フランスは「恐怖の報酬」、ドイツはビム・ヴェンダースの「都会のアリス」「まわり道」「さすらい」「パリ・テキサス」。「まわり道」は小さな町に住む作家志望の青年が母のすめで旅をする。元ナチスの老人、言葉を話さない少女、女優、自称詩人など不思議な人々と一緒に旅をする。どこかとらえどころのない物語だが、旅はこの世の中の普遍的な価値に気づかされる。

« 安全剃刀の日 | トップページ | やさしい英文法「名詞」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「ストレイト・ストーリー」というロード・ムービー
老人が長い間仲違いして絶縁したままの弟に会いに行く、ただそれだけのお話ですが、心に染みます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安全剃刀の日 | トップページ | やさしい英文法「名詞」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31