無料ブログはココログ

« フランス女優の晩年はなぜか哀しい | トップページ | 三番瀬(さんばんぜ) »

2012年12月 5日 (水)

河豚

   俳句の冬の季語でもある河豚。芭蕉の句「あら何ともなや きのふは過て ふくと汁」 昨夕、河豚汁をおそるおそる食べたが、何事もなく昨日は過ぎてしまったということで、なあんだ、案じることもなかった、と胸を撫でおろしているのである。フグが一般に食べられるようになったのは、江戸時代に入ってからである。江戸の町人たちはフグ汁を盛んに食べていたが、侍には禁じられていた。武士がフグを食べて万一、中毒死した場合、家禄没収の罰則を受けるのが各地諸般命であった。

« フランス女優の晩年はなぜか哀しい | トップページ | 三番瀬(さんばんぜ) »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス女優の晩年はなぜか哀しい | トップページ | 三番瀬(さんばんぜ) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30