無料ブログはココログ

« 砧打ち | トップページ | 2度目のブレイクは10年後に »

2012年12月 1日 (土)

スキウタはなぜ1年で終わったのか?

20120417dog00m200063000c_250   先日発表された紅白歌合戦の選考が若者偏重との批判の声がある。成る程お年寄りには馴染みのない歌手が半数以上を占める。初出場きゃりーぱみゅはみゅ、ももいろクローバーZが今後とも継続して歌い続けるか疑問であろう。かなり泡沫的な音楽祭という感じがしないでもない。2005年に「スキウタ 紅白みんなでアンケート」として視聴者からアンケートを取ったものの、新旧のヒット曲がばらばらに出たが、歌番組の構成に反映させることはできなかった。他局の歌番組はもっと露骨で音楽業界のイチオシが出演している。読売「ベストヒット歌謡祭2012」ベストヒットといっても記憶にのこるヒット曲はない。EXILE、いきものがかり、AKBとグループが全盛で、コブクロと絢香が復帰、新人は家入レオくらい。とにかく話題の少ない歌謡界だった。浜崎あゆみ、安室奈美恵、宇多田ヒカルなど歌姫の活動もあまりみられなかった。5日のFNS歌謡祭の目玉が華原朋美の復活というのもさびしい。

« 砧打ち | トップページ | 2度目のブレイクは10年後に »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 砧打ち | トップページ | 2度目のブレイクは10年後に »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30