無料ブログはココログ

« 稽古と滑稽 | トップページ | 鏡子は悪妻ではない »

2012年12月15日 (土)

珍しい名字「笨(たけの)」

   「笨」(ほん)という漢字は「竹の内側にある白いうす皮」という意味である。転じて「うすい」「粗末」という意味が生れた。名字で使われる場合、竹山の麓の住人が竹ノ本となって、竹と本が合体して「笨」(たけの)と読むようになった。久米が粂となつたのと同様である。(丹羽基二「地名名字事典」)

« 稽古と滑稽 | トップページ | 鏡子は悪妻ではない »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稽古と滑稽 | トップページ | 鏡子は悪妻ではない »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31