無料ブログはココログ

« 初冬の一日 | トップページ | 砧打ち »

2012年12月 1日 (土)

マリー・アントワネットはなぜ当たるのか?

Marieantoinettenormashearertyronepo   いま公開中の「マリー・アントワネットに別れをつげて」。マリの読書係の女性シドニー(レア・セドウ)が替え玉になる。有吉佐和子の「和宮様御留」みたいだ。キルスティン・ダンストの「マリー・アントワネット」(2006)をみても皇女和宮を思い出した。「マリー・アントワネットの首飾り」(2001)は有名な首飾り事件を描いている。古くはノーマ・シアラーとタイロン・パワーの「マリー・アントワネットの生涯」(1938)がある。本国のフランス映画には無数にあるだろう。池田理代子の「ベルサイユのばら」も宝塚歌劇で大ヒットした。深田恭子はロリータ・ファッションで目覚め、「私はマリー・アントワネットの生まれ変わり」と自負している。百貨店などの「マリー・アントワネット展」もはずれがない。君主制、貴族制が滅びる瞬間に咲いた花なのだろうか。(Marie Antoinette)

« 初冬の一日 | トップページ | 砧打ち »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初冬の一日 | トップページ | 砧打ち »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31