無料ブログはココログ

« スキウタはなぜ1年で終わったのか? | トップページ | 昭和の女流作家 »

2012年12月 1日 (土)

2度目のブレイクは10年後に

M_e381bfkase   大物といわれる歌手はだいたいデビュー数年でヒットを飛ばし、10年後にさらに大ヒットを出すパターンが多い。布施明は「霧の摩周湖」(1966)から「シクラメンのかほり」(1975)まで9年。千昌夫は「星影のワルツ」(1968)から「北国の春」(1977)まで9年、都はるみは「アンコ椿は恋の花」(1964)から「北の宿から」(1976)まで12年。吉幾三は「俺ら東京さ行ぐだ」(1977)から「雪国」(1986)まで9年。石川さゆり「津軽海峡冬景色」(1977)から「天城越え」(1986)まで9年。女優部門では、松嶋菜々子「ひまわり」(1996)から「家政婦のミタ」(2011)まで15年。男優では藤田まことが「てなもんや3度笠」(62)「必殺仕置人」(73)「はぐれ刑事純情派」(88)と3度シリーズをヒットさせた。視聴率の取れるスターといえば水谷豊。「傷だらけの天使」(74)から「熱中時代」(78)「相棒」(2000)までシリーズを必ずヒットさせている。

« スキウタはなぜ1年で終わったのか? | トップページ | 昭和の女流作家 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スキウタはなぜ1年で終わったのか? | トップページ | 昭和の女流作家 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30