無料ブログはココログ

« フランス歴史と文化の多様性 | トップページ | 読書週間「ホントノキズナ」 »

2012年11月 8日 (木)

高倉みゆき

Onnasikeishuunodatugoku  「女死刑囚の脱獄」「爆弾を抱く女怪盗」高倉みゆき主演の作品を見る。歴史的大ヒット「明治天皇と日露戦争」でアラカンの明治天皇に対し、その皇后役として出演し、皇后女優と呼ばれた。気品ある美貌で新東宝の看板スターだったが、役柄は脱獄囚、女スパイ、女怪盗とB級作品が多い。画像、左が高倉みゆき、右は若杉嘉津子。

« フランス歴史と文化の多様性 | トップページ | 読書週間「ホントノキズナ」 »

女性」カテゴリの記事

コメント

高倉みゆきは大蔵貢社長の愛人ではなく、大蔵社長の一方通行だった事は、数々の証言でもう定説になっているのに、未だに「愛人」と書くのはどうかと思いますね。

問題の箇所は削除し、お詫びいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111590/47771210

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉みゆき:

« フランス歴史と文化の多様性 | トップページ | 読書週間「ホントノキズナ」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31