無料ブログはココログ

« 作家の趣味 | トップページ | 死海 »

2012年11月13日 (火)

難読地名「一青」

   石川県中能登町一青。字「一青」を「ひとと」と読める人は、近頃はけっこう多いだろう。「一青窈」(ひととよう)という珍しい名前の歌手がいるからだ。お父さんが台湾人で、お母さんが日本人。お母さんはこの地方の出身者で、地名を姓にしていたと推定される。「しとと」の語源には2説ある。吉田茂樹は「しと(湿)と(処)」であり、低湿地であったからと説く(日本地名大事典)。筒井功は「シトトというスズメ目ホオジロ科の鳥が語源である」(日本の地名)としている。中能登町一青の南隣には「黒氏」(くろじ)の地名があり、ホオジロ科クロジにもとづく地名と考えられる。中能登町の旧地名は鹿島郡鳥屋町であることから「一青」は鳥名「シトト」に由来するものだろう。

« 作家の趣味 | トップページ | 死海 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作家の趣味 | トップページ | 死海 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31