無料ブログはココログ

« 鍵の歴史 | トップページ | 富士には月見草 »

2012年11月 2日 (金)

猫画家・藤田嗣治

1_2   ゴッホやゴーギャンなど近代の絵画を見ると、犬や猫を描いた画家は意外と少ない。おそらく犬や猫は大人しくモデルになるようなことはないからであろう。だが藤田嗣治だけは例外である。無類の猫好きで、自画像を描くときもたいてい猫が一緒に描かれている。猫のデッサンも多数残されている。今年、「藤田嗣治 猫を描いた版画展」も開かれた。

« 鍵の歴史 | トップページ | 富士には月見草 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍵の歴史 | トップページ | 富士には月見草 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31