無料ブログはココログ

« ETのエリオット少年も41歳 | トップページ | 河口湖から富士を望む »

2012年11月14日 (水)

ボウカーと実松

Mg05897_mgy900_000     巨人が五冠を達成した。阿部・坂本・長野・内海といった主力選手の活躍もあるが、澤村・山口・高木・石井・松本などの活躍も見逃せない。とくに日本シリーズ、アジアシリーズではボウカー、実松が意外性を発揮した。ボウカーは打率1割9分、3本塁打と期待を裏切ったが、日本シリーズでは大事な場面でホームランを放った。実松も地味ながら故障がちの阿部の二番手としてよくやった。打撃は弱いと思われがちだが、高校通算39本塁打とスラッガーで知られていた。98年のドラフト日本ハムが松坂大輔の外れ1位指名で獲得。2006年巨人にトレードするも控え捕手になることが多かった。だが昨年、今年と故障の阿部に代わってスタメン出場することも多く、持ち前の長打力を発揮しだした。大一番は意外と下位打線で勝負が決まることがある。

« ETのエリオット少年も41歳 | トップページ | 河口湖から富士を望む »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ETのエリオット少年も41歳 | トップページ | 河口湖から富士を望む »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30