無料ブログはココログ

« 雪男は本当にいるのか!? | トップページ | とうふちくわと池田光仲 »

2012年11月19日 (月)

カムチャツカ半島とアトラソフ

Vladimir_atlasov    ユーラシア大陸の北東部にあるカムチャツカ半島はかつてアイヌ民族の居住地であった。17世紀になるとイワン・カムチャツキーやセミョン・デジニョフ、イワン・ルベツらによって、この地の存在がロシアに知られるようになり、17世紀末、シベリアコサックのウラジミール・アトラソフ(画像 1660-1711)が初めてカムチャッカ半島南部まで足を踏み入れた。1697年、アディールからカムチャッカ西岸を約120人の軍勢が南進し、アイヌと戦闘を起こした。大坂谷町の伝兵衛は漂流民としてカムチャッカにいたが、アトラソフによってモスクワへ連れて行かれ、ピョートル1世と謁見している。(Vladimir Atlasov,Kamchatka)

« 雪男は本当にいるのか!? | トップページ | とうふちくわと池田光仲 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪男は本当にいるのか!? | トップページ | とうふちくわと池田光仲 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31