無料ブログはココログ

« 漱石と鷗外 | トップページ | 愛のよろこび  »

2012年11月 5日 (月)

晩年のトルストイ

Tumblr_lvb0ohxwtk1r3sn0vo1_500
トルストイ(左)とメチニコフ(右)

   ヨーグルトが広まったのはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフ(1845-1916)がブルガリア(当時はロシアの支配下だが、直前までオスマン帝国領)訪問の際に、現地の伝統食のヨーグルトに長寿の秘訣があることを突き止めたからである。メチニコフは28年間もパスツール研究所で仕事していた。1909年5月30日、クラスナヤ・ポリアナに住むトルストイを訪問している。二人はどんな議論をしたのだろうか。トルストイは翌年11月、家出をしたものの、数日後に肺炎にかかって人里離れたアスタポヴォ駅頭で病死した。(IIya Mechnikov,Lev Tolstoi,yogurt)

« 漱石と鷗外 | トップページ | 愛のよろこび  »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 漱石と鷗外 | トップページ | 愛のよろこび  »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31