無料ブログはココログ

« 美人長命 | トップページ | トムは色男だ »

2012年11月22日 (木)

文豪と女性たち

D0006815_20204767 Photo
    赤松登志子                 荒木志げ

Photo_2 Natumekyouko
           児玉せき               中根鏡子

    夏目漱石は見合いで表裏ない中根鏡子(1877-1963)に好感を抱く。以前によくいわれた不仲説や悪妻説は否定されている。

    二人の間には2男5女がある。漱石は来訪した友人に向かって「本当に女は妊娠ばかりしやがって、どうしようもない」と愚痴をこぼした。すると友人は真顔で「そりゃ奥さんも悪いかもしれないが、妊娠させる君も悪い」と言った。

    森鴎外には最初の妻、赤松登志子、後妻の荒木志げ、それに妾の児玉せき、がいる。

   島崎藤村の初恋の人、佐藤輔子。そして最初の妻は秦冬子。病死後、長らく独身であったが、昭和3年、24歳年下の加藤静子(1896-1973)と結婚。静子は藤村の思い出を「ひとすじのみち」「落穂」などに著した。

P_satokusuko C4b986a063aaf3287268cd06e5f37af7
  佐藤輔子           加藤静子

Img_0002 新婚当時の藤村。後列右より藤村、妻の父秦慶治。前列右より、義妹秦たき子、妻冬子。

« 美人長命 | トップページ | トムは色男だ »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美人長命 | トップページ | トムは色男だ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31