無料ブログはココログ

« 京都府ご当地文学 | トップページ | 沼沢湖と沼沢沼 »

2012年11月10日 (土)

日本初のネオンサインは銀座で

Tanizawa01_2    ネオンサインは20世紀初頭フランスで開発された。発明家ジョルジュ・クロード(1870-1960)は1915年にクロードネオン社を設立し、世界中に広まった。日本では最初にネオンサインを設置したのは、白木屋大阪店説(1925年)、東京の日比谷公園説(1926年)など諸説あるが、銀座の谷沢カバン店(谷澤禎三)が1918年と一番早い。画像は現在の銀座タニザワ(neon sign,Georges Claude)

« 京都府ご当地文学 | トップページ | 沼沢湖と沼沢沼 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都府ご当地文学 | トップページ | 沼沢湖と沼沢沼 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31