無料ブログはココログ

« 読書の秋 | トップページ | ケンタッキー州 »

2012年11月 3日 (土)

ふりかけの考案者、吉丸末吉

Img_01   大正時代のはじめ、日本人がカルシウムが不足していることから、小魚を乾燥させて粉末にし、海苔やいりごまを加えて、ご飯にかける「ふりかけ」を熊本の栄養士、吉丸末吉が考案した。ふりかけは評判となり、1934年から二葉商事が「御飯の友」として製造販売するようになった。

« 読書の秋 | トップページ | ケンタッキー州 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書の秋 | トップページ | ケンタッキー州 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31