無料ブログはココログ

« 19世紀スペインの産業 | トップページ | 日英の比較「おめでとう!」 »

2012年11月20日 (火)

難読地名「斑鳩」

Dsc_8714_rs    奈良県北西部に位置する斑鳩は難読地名ながら、聖徳太子ゆかりの地として日本人なら誰でも知っている。地名の由来もはっきりしている。イカルガは鳥の名で、今日ではイカルと呼ぶことが多い。全長は23㎝くらいで、翼に白い斑紋があるので、ハトよりは小さいが、「斑鳩」の字を宛てたと思われる。この地にイカルが群れ飛んでいたのであろう。

« 19世紀スペインの産業 | トップページ | 日英の比較「おめでとう!」 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 19世紀スペインの産業 | トップページ | 日英の比較「おめでとう!」 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31