無料ブログはココログ

« 白という漢字は頭蓋骨からきている | トップページ | シオカラトンボの9円切手 »

2012年11月12日 (月)

鷹見泉石

Senseki   渡辺崋山の筆によって鷹見泉石(1785-1858)の面貌は永遠に残ったといえる。この肖像画は天保8年(1837)に描かれたもので、泉石は当時53歳で大塩平八郎の乱事後処理のため、大坂に滞在していた。遠くはなれた泉石をなぜ崋山が描いたのかミステリーである。崋山は蛮社の獄で弾圧され、4年後に自殺している。

« 白という漢字は頭蓋骨からきている | トップページ | シオカラトンボの9円切手 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白という漢字は頭蓋骨からきている | トップページ | シオカラトンボの9円切手 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30