無料ブログはココログ

« 天璋院篤姫と皇女和宮 | トップページ | 着鈦政 »

2012年11月 4日 (日)

清貧に徹した茶人・丿貫

  丿貫(へちかん)は村野紹鷗の門下の茶人で、山科に居を構え、数々の奇行をもって知られた。薮内竹心の「源流茶話」によれば「丿貫は、侘びすきにて、しいて茶法にもかかわらず、器軸を持たず、一向自適を趣とす」と書かれており、作法や高額な茶器にとられない清貧の侘び茶を追求していた。千利休と交流を持ち、共に茶道を競い合う仲だったが、権力者と付き合いすぎる利休を嘆いていた。北野大茶会で丿貫は朱塗りの大傘を立てて茶席を設け、注目を集めた。

« 天璋院篤姫と皇女和宮 | トップページ | 着鈦政 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111590/47714328

この記事へのトラックバック一覧です: 清貧に徹した茶人・丿貫:

« 天璋院篤姫と皇女和宮 | トップページ | 着鈦政 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30