無料ブログはココログ

« カムチャツカ半島とアトラソフ | トップページ | 変わる図書館、変わらないで!図書館 »

2012年11月19日 (月)

とうふちくわと池田光仲

Image002   鳥取県の郷土料理で、木綿豆腐と魚肉のすり身を混ぜ合わせて作られた竹輪。鳥取藩主・池田光仲(1630-1693)が庶民に質素倹約を強いるため、ちくわの原料に豆腐を混ぜさせたともいわれる。岡山藩の閑谷学校を開いた池田光政は従兄。

« カムチャツカ半島とアトラソフ | トップページ | 変わる図書館、変わらないで!図書館 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カムチャツカ半島とアトラソフ | トップページ | 変わる図書館、変わらないで!図書館 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31