無料ブログはココログ

« 津田梅子と新島八重 | トップページ | 晩年のトルストイ »

2012年11月 4日 (日)

漱石と鷗外

Souseki Oga1

    余裕派と高踏派。これらは明治から大正にかけて文壇の主流だった自然派の作家たちが、夏目漱石と森鴎外を揶揄した言葉である。2人は文壇や世俗の流行とは距離を置き、独自の文学を書き続けた。明治29年、東京根岸の子規庵で俳句会があった。漱石と鷗外が会ったのはこれが初めてであり、2人は言葉を交わすことはなかった。漱石は5つ年上の鷗外を深く尊敬しており、鷗外も漱石のことをつよく意識していたようである。文学上の良きライバルだった。

« 津田梅子と新島八重 | トップページ | 晩年のトルストイ »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津田梅子と新島八重 | トップページ | 晩年のトルストイ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30