無料ブログはココログ

« 富山県ご当地文学 | トップページ | 静岡県ご当地文学 »

2012年10月16日 (火)

石川県ご当地文学

   「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの」室生犀星にとって故郷金沢は魂を傷つけずにおかない土地であった。しかし犀星の文学というと先ず金沢を思い浮かべる。「性に目覚める頃」「幼年時代」「杏っ子」。泉鏡花、徳田秋声、桐生夏生、唯川恵と金沢出身の作家は多い。石川県を扱った作品には高橋治「風の盆恋歌」、三島由紀夫「美しい星」、松本清張「ゼロの焦点」、唯川恵「病む月」など。

« 富山県ご当地文学 | トップページ | 静岡県ご当地文学 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富山県ご当地文学 | トップページ | 静岡県ご当地文学 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31