無料ブログはココログ

« アルミ缶の高取城 | トップページ | なぜ川上憲伸はフルネームで呼ばれるのか? »

2012年10月20日 (土)

滋賀県ご当地文学

21_7_18_1   井上靖「星と祭」。7年前、愛する娘みはるを湖で失った架山は、悲しみを癒すべく、娘と共に死んだ青年の父親・大三浦に誘われ琵琶湖周辺の古寺を巡る。渡岸寺、石道寺などの十一面観音を訪れる。架山の大三浦に対する心のわだかまりも解け、みはるの「もがり」は終わったと彼は感じた。

   滋賀を扱った作品に、水上勉「湖の琴」「湖北の女」「しがらき物語」、青山光二「竹生島心中」、辻邦生「安土往還記」など。

« アルミ缶の高取城 | トップページ | なぜ川上憲伸はフルネームで呼ばれるのか? »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルミ缶の高取城 | トップページ | なぜ川上憲伸はフルネームで呼ばれるのか? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31