無料ブログはココログ

« 群馬県ご当地文学 | トップページ | 千葉県ご当地文学 »

2012年10月15日 (月)

埼玉県ご当地文学

Haka1    「四里の道は長かった。その間に青縞の市の立つ羽生の町があった」で始まる「田舎教師」は、実在の人物小林秀三が書き残した日記をもとにして田山花袋が書き上げた小説である。明治30年代の羽生の自然や風物、人間模様が生き生きと描かれている。

    「ノンちゃん雲に乗る」の石井桃子は浦和市の生れ。早船ちよ「キューポラのある街」は川口市の鋳物工場が舞台となっている。(画像は小林秀三の墓)

« 群馬県ご当地文学 | トップページ | 千葉県ご当地文学 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 群馬県ご当地文学 | トップページ | 千葉県ご当地文学 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31