無料ブログはココログ

« マッチと姫路 | トップページ | なんじゃもんじゃの木 »

2012年10月13日 (土)

ひき逃げ、当て逃げ

2atenige    「ひき逃げ」「当て逃げ」という言葉は毎日のように耳にする言葉である。いつから日本で使われるようになったのだろうか。「スガシカオが当て逃げ被害」菅止戈男は著名なミュージシャン。「おれのクルマ、パーキングで当て逃げされた。許さん」とフェースブックにその怒りを書いている。「轢き逃げ・当て逃げの犯意」松鵜潔、「法学新報73」(1966.12)という論文がある。小説では大阪圭吉の「白妖」(1936年)に「自動車の轢逃げなんですがね、それがとても妙なんです。ただの轢逃げ事件じゃアないらしいんです」とある。「ひき逃げ」は1930年代、車時代の到来とともにさかんに生まれたであろう。しかし「当て逃げ」という言葉は戦後かもしれない。最近の国語辞典には「当て逃げ」はあるが、金田一京助の「明解国語辞典」には載っていない。「当て逃げ」は1960年前後から生まれた新語だろうか。

« マッチと姫路 | トップページ | なんじゃもんじゃの木 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マッチと姫路 | トップページ | なんじゃもんじゃの木 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30