無料ブログはココログ

« 数字アラカルト | トップページ | 戸隠神社 »

2012年10月18日 (木)

荒布(あらめ)と鹿尾菜(ひじき)

    アラメとヒジキは似ているようで全ったく異なるものである。アラメはワカメに近くつるつるしている。ヒジキは黒い。俳句ではともに夏の季語である。ワカメは春の季語である。ちまきは夏だが、団子は季語でない。ちくわも季語でないが、おでんにすると冬の季語になる。氷雨は冬の季語だと思っていたら夏の季語である。歳時記には「氷雨は雹の古語で、ひょううがつまって、ひょうとなったといわれる。冬の霙を、一般にひさめと呼ぶことがあるが、本来は正しい言い方ではない」とある。

Photo Photo_2
     アラメ              ヒジキ

« 数字アラカルト | トップページ | 戸隠神社 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 数字アラカルト | トップページ | 戸隠神社 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31