無料ブログはココログ

« にっぽん20年前 | トップページ | へらへら団子 »

2012年10月18日 (木)

寂滅(ほろび)の光

今朝の朝の露ひやびやと秋草や

すべて幽けき寂滅の光

   伊藤左千夫の晩年の一首。「朝の庭に、ぬれた秋草のさまも、すべて冬枯れ前の寂光のつつまれていることだ。」 「今朝の朝」は重言(「あとで後悔」「いちばん最後」などの類)ではなく、万葉的な語法である。

« にっぽん20年前 | トップページ | へらへら団子 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にっぽん20年前 | トップページ | へらへら団子 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31