無料ブログはココログ

« 滋賀県ご当地文学 | トップページ | ネルソンとレディー・ハミルトン »

2012年10月20日 (土)

なぜ川上憲伸はフルネームで呼ばれるのか?

    巨人中日第4戦は沢村拓一と川上憲伸の先発だった。沢村の力投により巨人が一矢むくいた。不思議におもうのだが、アナウンサーは沢村は姓だけで呼ぶが、川上はいつも川上憲伸とフルネームで呼んでいる。そういえば高橋由伸もタカハシヨシノブ、あるいはヨシノブの名だけで呼ぶこともある。単なる習慣なのだろうが、名前というのは興味がつきない。西武ライオンズ「おかわり君」中村は「中村剛也」だがナカムラタケヤとフルネームであまり呼ばない。大江戸捜査網の中村竹弥を思いうかべるからだろうか。

   ちなみに山本昌も「ヤマモトマサ」とは変な名前で、本名は山本昌広である。最初にチームに同姓がいたので区別するため「山本昌」と登録したので、そまま続いている。むかし大洋に「近藤昭」「近藤和」「島田源」と中途名前の選手がたくさんいた。

« 滋賀県ご当地文学 | トップページ | ネルソンとレディー・ハミルトン »

苗字」カテゴリの記事

コメント

近藤昭仁(アキヒト) 和彦(カズヒコ) 島田源太郎(ゲンタロウ)とちゃんと呼ばれていましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滋賀県ご当地文学 | トップページ | ネルソンとレディー・ハミルトン »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31