無料ブログはココログ

« トマトの世界史 | トップページ | 「平成せんべい」は売られているのだろうか? »

2012年10月10日 (水)

客死した著名人

F0045842_2221887   2010年10月10日アメリカのソウル歌手ソロモン・バーク(70歳)はロサンゼルスから出発した飛行機の中で容態が悪化しアムステルダムのスキポール空港で死去した。国際化に伴い異国の地で亡くなる「客死」というケースが増加の一途をたどっている。「客死」の定義は旅行先であるのか、異境の地であるのか明確ではない。たとえば770年の阿倍仲麻呂や1615年の高山右近(マニラ)、1630年の山田長政(シャム)が客死といえるのは分からない。1909年の二葉亭四迷がロシアからの帰国の途中インド洋上で病死し、シンガポール郊外で火葬された事例は客死の典型となっている。1938年、嘉納治五郎はカイロからの帰途、氷川丸船上で病死している。戦後は飛行機事故で亡くなる著名人も多い。1952年に大辻司郎、1981年に向田邦子、1985年に坂本九が亡くなっている。1996年に写真家・星野道夫はロシア・カムチャッカでヒグマに襲われて亡くなっている。2000年、作家の田中小実昌はロサンゼルスで、2009年、古橋廣之進はローマのホテルで急逝した。

« トマトの世界史 | トップページ | 「平成せんべい」は売られているのだろうか? »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トマトの世界史 | トップページ | 「平成せんべい」は売られているのだろうか? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31